補助金を使う|ポスレジなら業務が楽になる!貸店舗を便利に探そう|起業しよう
店舗

ポスレジ導入で、軽減税率対策補助金制度が活用できる

補助金を使う

レジスター

軽減税率とは

条件によって、標準の税率よりも低く抑えた税率を軽減税率といいます。この制度の目的は低所得への配慮です。飲食店などに適用される制度で、10パーセントの消費税が8パーセントに抑えられます。例えば、店内で飲食した場合は10パーセントの消費税が発生しますが、テイクアウトすると消費税が8パーセントになるのです。その為、テイクアウト商品を扱っている店舗が対象となります。また、商品によって税率が変わってくるので、レジを軽減税率に対応したものを利用する必要が出てくるのです。そして、ポスレジなら、複数税率にも対応することができます。その為、軽減税率対策補助金制度を活用する場合は、ポスレジが必要不可欠となってくるのです。

補助金制度とは

基本的に受発注システムを改修したり、ポスレジを導入することで軽減税率制度に対応することができます。中小企業や小規模事業者の場合、このようなシステムの改修をするのに大きな負担が発生してしまうのです。そして、軽減税率対策補助金制度とは、システムの改修に必要な経費を国が補助する制度として知られています。国が経費の一部を補助してくれるので、中小企業や小規模事業者に掛かる負担が軽減されるのです。補助の対象となる事業者は、ある一定の要件を満たしている必要があります。中小企業支援法に規定している事業者で、要件を満たしていれば補助を受けることができるでしょう。ポスレジ導入を行っている会社に相談すれば、しっかりしたサポートが受けられます。

広告募集中